Webサイトを作成しブログ記事を書くまでに必要だったものまとめ

この記事に沿えば同じようなサイトが作れるように

まっさらな状態から記事作成までに必要だったもの

  • Gmail
  • ドメイン
  • レンタルサーバー
  • WordPress
  • WordPressテーマ

初期費用:ドメイン代600円程度(キャンペーン中で安く購入)

ドメイン、レンタルサーバー、WordPressは利用するサービスによっては同じサービス内で申込や管理が可能なので★のリンクを踏んでいけば最短でそれなりのブログサイトが作成できる。以下、各項目別のまとめ。

1.Gmail

Gmailアカウントの作成

無料なので既に持っていても新しいアドレスを取得した方が良い(後にいろいろ登録することになり、登録や設定の完了通知など重要なメールも届くので分けておいた方が管理しやすい)。メールアドレスは他のフリーメールでも良いが、後にGoogle analyticsなどのGoogleのサービスを利用することになるのでGoogleアカウントを取得してGmailを利用するのがおすすめ。

2.ドメイン

ドメイン取得&無料レンタルサーバー Xdomain

ドメインには独自ドメイン(有料)と無料ドメインの2種類があるが、このサイトでは独自ドメインを採用(下記リンク参考)。「.com」や「.net」などからどれを選ぶかでも異なるが費用は年1000~2000円程度。このサイトのドメインはXdomainで取得し、そのまま同サービスの無料レンタルサーバーも利用。

3.レンタルサーバー

このサイトはもともとお試しのつもりだったのでドメイン取得と同時に無料レンタルサーバーも申し込んだが、速度やデータ容量に満足いかなくなったら有料レンタルサーバーに移行予定。有料レンタルサーバーは月額1000円程度~。

4.WordPress

このサイトのドメイン取得とサーバーレンタルを行ったXdomainのレンタルサーバーにはWordPress機能が備わっているのでXdomainの管理パネル上でWordPressのインストールが可能。初期化などもXdomainの管理パネルからできる。

5.WordPressテーマ

Simplicity2

デフォルトのWordPressテーマ(twenty~)でも良かったが、知識もあまりないので「初心者でもカスタマイズしやすい/モバイル対応(レスポンシブデザイン)/日本語/内部SEO施策済み/事例が多い」をキーワードにテーマを探した。いろいろ良さそうなのがあったが、このサイトではSimplicity2を採用させてもらった。

  • その他に気になったテーマ1:Xeory
  • その他に気になったテーマ2:Stinger

6.WordPressテーマの設定・カスタマイズ

Simplicityの初期設定・おすすめの設定

WordPressテーマは、例えばSimplicity2の場合、デフォルトのままではなくカスタマイズして使うのであれば「Simplicity2」のみインストールするのではなく、「Simplicity2 子テーマ」もインストールしてそちらをカスタマイズする方が良い(親テーマをカスタマイズしていると親テーマが更新される度にカスタマイズし直しになってしまう)。

上記のサイトなどを参考に、Webサイトを作成し、WordPressテーマをカスタマイズして今に至る。